ブリヂストン ブースイメージ

ブリヂストンは、9月27日から10月14日まで、フランスで開催される「2012 パリモーターショー」に出展、その概要を発表した。

同社ブースでは、「Reliable(安心・信頼)」と「Economical(経済的)」、「Futuristic(未来)」の3つのテーマに合わせた展示を行い、同社商品の魅力と技術力、先進性を訴求する。

「Reliable(安心・信頼)」では、走行安定性と低燃費性能を両立した「Turanza T001」や、パンクしても所定のスピードで一定の距離を安全に走行できるランフラットテクノロジー採用タイヤ「POTENZA S001 RFT」、冬用タイヤを展示。

「Economical(経済的)」では、転がり抵抗低減による燃費の向上を実現した「ECOPIA」や、2012年11月から欧州で施工されるタイヤラベリング制度を紹介する。

「Futuristic(未来)」では、タイヤサイド部へのカラー印刷技術や、非空気入りタイヤ(エアフリーコンセプト)、タイヤ接地面情報収集解析技術「カイズ」などの先進技術を紹介する。

ブリヂストン/ポテンザS001 RFT