全日本空輸(ANA)グループは、10月1日から国際線貨物の「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)を引き上げると発表した。

同社グループでは、2009年4月から燃油特別付加運賃額を、航空燃料市況価格に基づいて毎月見直している。2012年8月1日から2012年8月31日の1カ月平均価格が1バレル当たり129.55米ドルと、前月より11.97ドル上がったため、改定する。

日本〜北米・欧州・中東などの長距離線は現行1kg当たり120円だが、134円に引き上げる。日本〜シンガポール・タイなどの遠距離アジア線は現行の88円から94円、日本〜韓国・台湾・中国などの近距離アジア線は現行の75円から79円にそれぞれ引き上げる。