11日午前10時15分ごろ、神奈川県川崎市多摩区内の県道で、道路右側の歩道を走行していた自転車が対向してきた乗用車と接触して転倒する事故が起きた。この事故で1歳の男児が死亡。クルマは逃走したが、警察は後に61歳の女をひき逃げ容疑で逮捕している。

神奈川県警・多摩署によると、現場は川崎市多摩区生田7丁目付近で片側1車線の直線区間。自転車は道路右側の歩道を走行していたが、何らかの原因でバランスを崩して車道側へ倒れ掛かったところ、対向してきた乗用車と接触。そのまま転倒した。

この事故で自転車に同乗していた1歳の男児が頭部を強打。近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡。自転車に乗っていた36歳の女性も顔面などを骨折する重傷を負っている。

自転車と接触したクルマは逃走しており、警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始。目撃されたナンバーと車種から、麻生区内に在住する61歳の女が容疑に関与したものと判断。翌12日に自動車運転過失致死傷と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した。

調べに対して女は「自転車と接触したが、人はひいていない」などと供述しているようだ。