11日午前3時45分ごろ、東京都港区内の都道で、客待ちをしていたタクシーの運転者に職務質問しようと警官が接近したところ、このタクシーが急発進。警官をボンネットに乗せたまま約700m走行する事件が起きた。警察は運転していた64歳の男を逮捕している。

警視庁・麻布署によると、現場は港区六本木4丁目付近。付近で駐車違反の取締りを行っていた同署の地域課に所属する25歳の巡査長が、客待ちのために路上駐車していたタクシーを発見。運転手に職務質問しようと接近したところ、このタクシーが急発進した。

巡査長はボンネットに飛び乗ったが、タクシーは約700mに渡って蛇行運転と急な加減速を繰り返した。最終的には先回りしていたパトカーに抑止され、運転していた東京都足立区内に在住する64歳の男は公務執行妨害の現行犯で逮捕されている。巡査長にケガはなかった。

現場付近では路肩だけではなく、車線にも並ぶように駐車を行う「二重駐車」が問題となっており、通行を妨害する原因にもなっていることから、同署員は深夜から未明に掛けてこの取締りを行っていた。

調べに対して男は「違反摘発をされたくなかった」などと供述しているが、蛇行を繰り返して巡査長を振り落とす意思があったものとみて、今後は殺人未遂容疑でも調べを進める方針だ。