フェラーリ FF(参考画像)

イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリは9月13日、2012年上半期(1‐6月)の業績が過去最高を達成したと発表した。

同社の発表によると、上半期の売上高は、前年同期比11.9%増の12億0800万ユーロ(約1210億円)。純利益は1億0080万ユーロ(約100億円)で、前年同期に対して10%増えた。

好調な業績を後押ししたのが、世界新車販売の好調。2012年上半期は、前年同期比7.4%増の3664台を販売。その内訳は、米国が17%増の851台で、最量販市場に君臨。中国(香港と台湾を含む)が10%増の400台で、これに続いた。英国では、43%増の393台と急増する。

また、中東は上半期、前年同期比7%増の190台を販売。ドイツは18%増、スイスは17%増となるなど、好調さが目立った。

フェラーリのルカ・ディ・モンテゼーモロ会長は、「世界経済は厳しい情勢にあるが、我々のラインナップは世界の顧客から支持されている。2012年の業績は2011年を上回る新記録になるだろう」とコメントしている。