国際物流総合展12 トヨタグループ「移動販売車」

買い物難民を救え---。トヨタグループはそんな目的の移動販売車を開発し、「国際物流総合展2012」で初披露した。これからトヨタ車体の子会社、東海特装車を通じて受注生産を開始するという。

この移動販売車は『ハイエース』を改造したもので、なかには冷凍室をはじめ、冷蔵室、常温棚、レジ、手洗い設備などが備えられている。天井も180cmと高く、車内は広々としている。また、電動収納式ステップや昇降階段も備わっている。

現在、買い物難民は山間部だけでなく、都心でも問題になっており、自治体も頭を痛めているのが現状だ。その解決策の一つが移動販売車と言っていいだろう。市場はまだ100台弱といった状態だが、これから急激に需要が高まってくるのは間違いない。

「問い合わせが多く、大手スーパーからはモニターの依頼も来ている」(トヨタ自動車関係者)という。価格は仕様によって大きく異なるが、今回展示したものは元の車両の2倍ぐらいだそうだ。

国際物流総合展12 トヨタグループ「移動販売車」 国際物流総合展12 トヨタグループ「移動販売車」 国際物流総合展12 トヨタグループ「移動販売車」