11日午前2時50分ごろ、東京都板橋区内の首都高速道路5号線で、下り本線を歩いていた39歳の男性が後ろから進行してきた大型トラックにはねられる事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡。警察はトラックを運転していた50歳の男を逮捕している。

警視庁・高速隊によると、現場は板橋区熊野町付近で片側3車線の緩やかなカーブ。男性は約600m離れた高松料金所から5号下り線に徒歩で進入。第2車線を歩いていたところ、後ろから進行してきた大型トラックにはねられたものとみられる。

男性は近くの病院へ収容されたが、全身強打が原因でまもなく死亡。後の調べで、埼玉県さいたま市内に在住する39歳の男性と判明した。警察はトラックを運転していた埼玉県行田市内に在住する50歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

死亡した男性は前夜に会社の同僚と酒を飲んでいたという。料金所の職員から事故の約5分前に「男性が歩いて本線へ進入した」という通報が寄せられていたという。トラックの運転者は、調べに対して「気がついて急ハンドルを切ったときには間に合わなかった」などと供述しているようだ。