11日午前2時10分ごろ、福岡県福岡市内の国道202号を走行中の乗用車が路外に逸脱。スピンしながら道路左側に設置されていた柱に衝突する事故が起きた。クルマは大破し、乗っていた7人が重軽傷を負っている。

福岡県警・南署によると、現場は福岡市南区桧原1丁目付近で片側2車線の直線区間。乗用車は何らかの原因で走行中にスピン。道路左側に設置されている車両感知器を吊るした鉄柱に対し、助手席側から横向き状態で突っ込んだ。

鉄柱は車室内に入り、クルマは大破。助手席に同乗していた18歳の男性が全身強打で意識不明の重体。運転者を含む17-18歳の男性6人が骨折や打撲などの重軽傷を負い、近くの病院へ収容されている。

クルマの定員は5人だったが、事故を起こしたクルマには男性7人が乗車していた。車両の破損状況から相当なスピードで走行していたとみられており、警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。