BMW 新型X1

ビー・エム・ダブリューは、洗練されたデザインと最新の環境対応技術を採用した新型BMW『X1』の予約注文を9月15日より開始する。

新型X1は、フロントバンパーおよびリヤスカートのデザインを一新し、バイキセノンヘッドライトのスモールライトリングに新たにLEDを採用するなど、スポーティかつエレガントなスタイリングを実現。さらに、エクステリアおよびインテリアに専用装備を施した「Xライン」および「スポーツ」の2つのデザインラインを新たに設定し、「Mスポーツ」と共に、ライフスタイルに合わせたモデルの選択を可能としている。

また、新世代2.0リッター直列4気筒BMWツインパワーターボエンジンを搭載し、燃料消費率(JC08モード)14.9km/リットルを達成する「sDrive20i」を新たな後輪駆動モデルとして追加し、幅広いラインアップを実現している。

さらに、エンジンオートスタート/ストップ機能などを搭載し、燃料消費率(同)は、従来モデルに対して最大約20%改善。エコカー減税およびグリーン税制対象モデルとなり、自動車取得税および重量税の75%減税に加え、翌年度の自動車税が50%減税される。

価格は367万円から543万円。

BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1 BMW 新型X1