IRジャパン・車載用3相ゲート駆動IC「AUIRS20302S」

インターナショナル・レクティファイアー・ジャパン(IRジャパン)は9月12日、耐圧200Vの車載用3相ゲート駆動IC「AUIRS20302S」のサンプル出荷を開始した。

AUIRS20302Sは、高電圧のエアコン用コンプレッサ、ポンプ、最大600WまでのブラシレスDCモーター駆動、および高電圧モーター駆動など、12V系、24V系、48V系電源システムの車載用途向け。

新製品は、最大200Vで動作し、回路基板電圧が12V系、24V系、48V系の車のプラットフォーム向けに最適化。外付けプリレギュレータを備え、全消費電流が100mAを超えない範囲では、周辺システムの部品にも電源を供給することができる。

また、ハイサイド駆動回路の電源を供給するためにブートストラップ技術を採用。6個のnチャネル・パワーMOSFETやIGBT(絶縁ゲート型バイポーラ・トランジスタ)を駆動することができる。

さらに、独自の高耐圧IC(HVIC)技術とラッチ耐性を備えたCMOS技術によって、モノリシック構造の耐久性を高めている。

パッケージはワイドボディの28ピンSOP(SOIC)。ハイサイド駆動回路に加えられる最大オフセット電圧は200V。電源電圧、およびハイサイド駆動回路に印加できる電圧の範囲は8V〜17Vで低電圧ロックアウト(UVLO)機能付き。出力電流は吐き出し時が0.2A、吸い込み時が0.35A(いずれも標準値)。プリレギュレータ制御、電流検出比較器、フォールト論理も内蔵している。

1万個購入時の単価は1.58米ドル(約124円)からの予定。

IRジャパン