トヨタ・新型ポルテ 助手席リフトアップシート車

トヨタ自動車は、9月26日から28日まで東京ビッグサイトで開催される、福祉機器展示会「第39回 国際福祉機器展H.C.R.2012」にウェルキャブ(福祉車両)を出展する。

トヨタは高齢化の進展等を背景に、年々高まりつつある高齢者や身体の不自由な方の「快適で安全な移動に対するニーズ」に応えるため、従来よりウェルキャブの開発に取り組んでおり、今回の出展においても最新の車両を展示し、その取り組みを紹介する。

具体的には、新型『ポルテ』の「助手席リフトアップシート車」や、脱着シートまたは専用車いすのまま助手席に乗車できる新型車『スペイド』の「サイドアクセス車」をはじめ、車いすのまま乗り降りが可能な「車いす仕様車」など、顧客ニーズに応じたバリエーション豊かなウェルキャブ8台を展示する。

また、すべての人に移動の自由を提案するという観点から、昨年11月に公表した介護・医療支援を目的として開発中のパートナーロボットのうち、「自立歩行アシスト」「移乗ケアアシスト」を、改良を加えて参考出品する。

トヨタ・新型車スペイド サイドアクセス車