YS-11量産1号機

国立科学博物館は、9月22日開催の「羽田空港 空の日 フェスティバル2012」で、同館所蔵のYS-11量産初号機を特別公開すると発表した。

YS-11は戦後、日本の航空機製造事業の期待を受けて開発生産された国産旅客機。戦後復興を象徴する存在でもあり、特に同館所蔵の機体は、その量産1号機(製造番号2003)で、YS-11の中でも記念碑的なものとなる。

特別公開は、羽田空港で最古の格納庫とも言われるT-101の中で行われ、YS-11を間近に見学できる貴重な機会となる。

YS-11