10日午前4時55分ごろ、大阪府東大阪市内のコイン式駐車場で、場内にいた2台の不審車両の運転者に職務質問しようとした警官が、このうち1台にひきずられて重傷を負う事故が起きた。2台とも逃走しており、警察は殺人未遂事件として捜査している。

大阪府警・布施署によると、現場は東大阪市長田東2丁目付近。車上荒らし犯罪を警戒中の同署員が、コイン式駐車場内で不審な動きをしている2台の乗用車を発見。捜査車両(覆面パトカー)を出入口に横付けして封鎖し、29歳の巡査長が職務質問のために接近しようとしたところ、2台とも逃走した。

うち1台は料金所のバーを破壊して逃走。巡査長はもう1台のクルマの運転席側ドアに手を掛けていたが、クルマが急発進したためにひきずられて転倒。両足を捻挫するなどの重傷を負った。クルマはパトカーの側面に衝突し、強引に進路を作って逃走している。

負傷した巡査長は私服で勤務していた。警察ではこのクルマが車上荒らし犯罪に関わっている可能性が高いとみて、その行方を追うとともに、殺人未遂事件としても捜査を開始している。