パナソニック、スマートHEMS

パナソニックは、電気設備・家電がつながる中核機器「AiSEG」を発売すると発表した。3月から発売している創蓄連携システムと組み合わせて「スマートHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)」を10月21日から本格展開する。

東日本大震災以降の電力供給不安もあって、国内では一般家庭で節電意識が高まっている。こうした中、HEMSは経済産業省から、最大10万円の補助金交付が開始されていることや、スマートハウスの開発が進んでいることなどから、今後、普及拡大が見込まれている。

スマートHEMSでは、太陽光、蓄電池、電気・ガス・水の情報を各種モニターで見える化する。加えて中核機器となるAiSEGに「ECHONETライト」機能を搭載し、対応する機器と連携して自動で制御し、快適さを保ちながら節電に貢献する。連携する機器はエアコン、IHクッキングヒーター、エコキュート。

AiSEGと既設の分電盤にもつながる計測ユニットのセットは「2011年度エネルギー管理システム導入促進事業」で補助金対象機器に採択されている。

また、住宅設備として長期間の使用に対応できるよう、クラウド型サービスを通じたファームウェアの更新で対応していく予定。例えば、電気料金メニューの変更、対応家電・住宅設備機器の増加、スマートメーター、電気自動車の充電設備、照明、セキュリティ、ヘルスケアとの連携など今後拡充していく予定。

将来的には、家の情報ネットワークインフラとしてHEMS機能以外の分野への展開も目指す。

パナソニック、スマートHEMS パナソニック、スマートHEMS パナソニック、スマートHEMS