マルチスズキ・エルティガ(デリーモーターショー12)《撮影 土屋篤司》

インド自動車工業会は9月10日、インド国内の8月新車販売の結果をまとめた。乗用車の販売台数は、11万8142台。前年同月比は18.6%減と、10か月ぶりに前年実績を下回った。

乗用車の販売が減少に転じたのは、燃料価格の上昇、金利の高止まり、工場のストライキで生産が落ち込むなどの影響。一方、トラックやバスなど商用車の8月販売は、前年同月比3.9%増の6万6767台と、低成長ながらプラスを維持している。

メーカー別では、インド市場でトップシェアを握るスズキのインド子会社、マルチスズキが8月、インド国内で5万0129台を販売。マネサール工場では7月21日から8月20日までの1か月間、操業を停止した影響で生産台数が減少。前年同月比は35%減と、3か月ぶりに前年実績を割り込んだ。

車種別では、主力のAセグメントの『アルト』『ワゴンR』『エスティロ』『スイフト』『リッツ』(日本名:『スプラッシュ』)『A-スター』などが、合計で3万1653台を販売。前年同月比は50%減と、3か月ぶりのマイナス。これは、スズキのAセグメント車の主要車種が、マネサール工場製のためだ。

一方、マネサール工場以外で組み立てられるSUVやMPVなど、Bセグメントでは、新型コンパクトMPVの『エルティガ』を4月に投入した効果が出て、合計で6883台を販売。前年同月実績に対して、5倍以上もの伸びを示している。

スズキ・エルティガ(デリーモーターショー12)《撮影 土屋篤司》 スズキ・エルティガ(デリーモーターショー12)《撮影 土屋篤司》