ソーラーフロンティア(イメージ)

ソーラーフロンティアと矢野産業は、宮崎県東諸県郡国富町に2か所の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を開発すると発表した。

ソーラーフロンティアは2.2MWのメガソーラー(仮称:国富第1メガソーラー)、矢野産業は1.1MWのメガソーラー(仮称:国富第2メガソーラー)の発電事業者となり、再生可能エネルギーの「固定価格買い取り制度」導入後、両社にとって初めての発電事業への参入となる。

今回のプロジェクトでは、矢野産業が所有する国富町大字木脇の土地約7ヘクタールに合計3.3MWのメガソーラーを協同して開発。ソーラーフロンティアはCIS薄膜太陽電池を使用した太陽光発電システムを供給するとともに、国富第2メガソーラーの開発に関してもコンサルテーション・サービスを提供する。矢野産業は、土地の提供に加えて、雑草の生息を予防する独自の砕石商品美砂(ミサゴ)を提供することで、土地のメンテナンス作業を軽減する。

ソーラーフロンティアが発電事業者となる国富第1メガソーラーは、矢野産業から土地の貸与を受け、ソーラーフロンティアが約1万4000枚のパネルを設置する。また矢野産業が発電事業者となる国富第2メガソーラーは、矢野産業が所有する土地に、ソーラーフロンティアがCIS薄膜太陽電池を約7000枚供給するとともに、システム設計などにおいてコンサルテーション・サービスを提供する。

施工については、ソーラーフロンティアがデザインし、遅くとも2013年3月末の売電開始を目指す。完工後は、宮崎県において最大規模となる見込み。

矢野産業(webサイト)