レーシングミクのコスチュームで登場した立花サキさん《撮影 山本一雄》

レースクイーン・オブ・ザ・イヤー実行委員会は、シーズン中最も活躍したレースクイーンを表彰する「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー 11-12」に、SUPER GT300クラスでGSR&Studie with TeamUKYOのレースクイーンを務める立花サキさんを選出し、発表会を実施した。

立花サキさんは3年連続で「初音ミク GT Project」のレースクイーンを務め、プロジェクトのイメージキャラクター「レーシングミク」のコスチュームで注目を集めた。「初音ミク」というインターネット上のヒットコンテンツをレース業界に定着させ、モータースポーツの活性化と次世代のエンターテインメント業界の牽引に大きく貢献した点が評価され受賞となった。

発表会には「初音ミク」スタイルの立花さんが登場。受賞セレモニーでは、前回受賞者の丸山えりさんもプレゼンターとして登場した。

レースクイーン・オブ・ザ・イヤーは、SUPER GT、全日本選手権フォーミュラ・ニッポン、スーパー耐久のシリーズより選ばれ、過去には吉岡美穂さん、森下千里さん、菜々緒さんなどのタレントも輩出したレースクイーンの最高峰とされるタイトルだ。

立花サキさんは「グラビアからバラエティ、そして女優へとご活躍されている夏菜さんを尊敬しています。将来的には米倉涼子さんのような、かっこ良い大女優さんになりたいです」と自身の目標を語った。

立花サキさん《撮影 山本一雄》 前回受賞者の丸山えりさんがプレゼンターとして登場《撮影 山本一雄》 丸山えりさんと立花サキさん《撮影 山本一雄》 立花サキさん《撮影 山本一雄》 立花サキさん《撮影 山本一雄》