デンソー・インドネシア社のファジャール工場完成予想図

デンソーは、インドネシアにおける自動車生産の拡大に対応するため、インドネシア西ジャワ州ブカシ県に新工場を建設すると発表した。

新工場は、デンソー・インドネシア社のファジャール工場(仮称)で、エンジン制御ECU、VCT(可変カムタイミング)などのエンジン制御関連製品、スターター、オルタネーターを生産する予定。新工場は2014年2月の稼動開始を予定している。投資額は約1兆400億ルピア(約94億円)。

デンソーは、1975年にデンソー・インドネシア社を設立し、約40年近くインドネシアで事業を行っている。現在、カーエアコン、ラジエーター、スパークプラグ、フィルターなどを2工場(スンタ工場・ブカシ工場)で製造しており、新工場は、3番目の工場になる。

デンソー(webサイト)(参考画像)