特別企画展「TOYOTA 75」

トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、10月20日から来年4月14日まで特別企画展「TOYOTA 75」を開催する。

企画展は、今年トヨタが会社創立75周年を迎えたことを記念し開催するもので、日本におけるモータリゼーションや自動車産業のグローバリゼーションの変遷をトヨタ車の歩みを通じて振返る。海外の先進技術を学び、様々な課題を克服しながら日本独自のクルマを生み出した道程での開発エピソードや生産技術の工夫なども交えて紹介する。

展示は、実車両約50台と5分の1スケールモデル約50台などで構成し、トヨタとしては過去最大規模のトヨタ車の歴史展示となる。また、あわせて展示する「車両系統図」は、過去にトヨタが国内で発表したクルマを歴代のフルモデルチェンジごとに収録、主要な海外専用モデルも含め約700車種を掲載する。これは、11月から同社公式企業サイト内で公開する社史「トヨタ75年史」に先立ち、一般初公開となる。

その他、講演会や、『トヨダAA型乗用車(1936年・レプリカ)』『トヨタスポーツ800(1965年)』『トヨタ1600GT(1967年)』『トヨタスプリンタートレノ 1600GT(1986年)』の走行披露なども実施する。

トヨタ・スポーツ800(参考画像)