スズキ、二輪車世界耐久選手権で2012年の年間チャンピオン獲得

スズキのフランス販売子会社、スズキフランス社の二輪耐久レースチーム「スズキ・エンデュランス・レーシングチーム(SERT)」が、世界耐久選手権で2012年の年間チャンピオンを獲得した。

二輪車世界耐久選手権は、量産ベースの二輪車で競われ、スズキは『GSX-R1000』で参戦。最終戦「第35回ル・マン24時間耐久レース」は、9月8〜9日にフランスで開催された。SERTは、終盤のピットストップ中のペナルティにより順位を2位に落としたものの、1位との接戦を繰り広げ、844周で2位を獲得。シーズン累計ポイントが128ポイントとなり、3年連続、12回目の年間チャンピオンを獲得した。

スズキ、二輪車世界耐久選手権で2012年の年間チャンピオン獲得