東芝・定置式家庭用蓄電システム「エネグーン」

東芝グループは、定置式家庭用蓄電システム「エネグーン」を開発、11月より東芝ライテックより発売する。販売目標は、今後1年間で1万2000台。

新製品は、大容量(6.6kWh)タイプの定置式家庭用蓄電システム。夜間に貯めた安い電力を長時間使用することができる。また、高出力(3.0kVA)で、エアコンやその他の電気製品を同時に使用できるほか、万一の停電時にも、冷蔵庫や照明などを約12時間使用することができる。

蓄電池本体には、高い安全性を確保しながら、6000回以上のサイクル寿命があり、急速充電性能、高出力性能、低温動作等の優れた特性を持つ東芝製リチウムイオン電池SCiBを搭載。約2時間での急速フル充電が可能で、計画停電など、急な充電が必要な場合にも対応できる。

コントローラは、デザインにブラック&ホワイトフェースを採用。「おすすめ」や「アシスト」などの操作ボタンを備えるほか、運転表示、充電履歴表示、充放電時間が複数設定できるダブルタイマー、電池残量の設定などの操作ができる。

さらに、「エコーネットライト」に対応した機種もラインアップ。東芝ホームITシステム「フェミニティ」と接続することで、スマートフォンで蓄電システムの運転状態や充電量などを外出先などから見ることができる。

システム全体図