スマートフォン利用画面イメージ

北海道中央バス、キョウエイアドインターナショナル札幌支社、日立東日本ソリューションズ、日立ソリューションズの4社は、共同で、道内の定期観光バスツアーへの参加者を対象に、スマートフォンを活用した観光情報提供サービスの実証実験を9月15日から30日まで実施する。

実証実験では、スマートフォンを使った「観光ガイドサービス」と「電子アルバム作成サービス」を実施する。

観光ガイドサービスは、専用アプリをインストールし、観光名所、レストランや土産物店などの店舗情報を写真入りで紹介する。電子アルバム作成サービスは、位置情報を利用して、地図上に観光コースの情報とツアー中にスマートフォンで撮影した写真を組み合わせた電子アルバムを作成する。

今回の実証実験は、北海道中央バスが定期観光バス参加者に新サービスを提供し、キョウエイアドインターナショナルが新サービス全般に関するコンサルティングを実施。日立東日本ソリューションズが新サービスの企画、日立ソリューションズがITシステムの開発をそれぞれ担当する。

北海道中央バスは、実証実験の成果を検証するとともに、地域に密着したタイムリーな情報配信や、飲食店の予約、電子アルバムと連携したお土産のWeb販売など、定期観光バス参加者の利便性を高めるサービスをさらに拡充させていく。

電子アルバム作成サービス