日本駐車場開発が発表した2012年7月期の連結決算は、営業利益が前年同期比21.3%増の18億2100万円と大幅増益となり、過去最高益となった。

売上高は同10.2%増の105億9100万円だった。駐車場運営事業は、月極契約者と時間貸し利用の増加で好調だった。特にカーシェアリング車両の設置拡大で、運営駐車場の収益性と稼働率が向上した。また、タイ、中国の海外駐車場事業も、駐車場の慢性的な不足を背景に稼働率は順調だった。更に、スキー場事業も来場者が大幅に増加して好調だった。

経常利益は、本業の好調に加え、IHI運搬の有価証券の売却益もあって同32.6%増の19億0600万円と増益だった。最終利益は、スキー場事業の鹿島槍スポーツヴィレッジの減損損失を計上したことなどから同39.0%減の5億1800万円だった。

今期の業績見通しは売上高が同12.4%増の119億円、営業利益が同18.6%増の21億6000万円、経常利益が同12.3%増の21億4000万円となる見込み。当期純利益は同145.0%増の12億7000万円と過去最高益を予想する。