富士工業 菊川工場

富士工業は、メガソーラー発電事業に京セラと共同で参入すると発表した。

同社は、釣具の製造事業を展開しているが、自然環境との関わりが深いフィッシング業界の一企業として、地球環境との共存を目指しており、今回、環境負荷の低減と持続可能なエネルギー供給という観点から、京セラと提携してメガソーラー発電事業に参入することを決定した。

発電事業計画では、約6億5000万円を投じて、菊川市加茂の同社工場敷地15万6000平方mのうち、約3万平方mの遊休地にメガソーラーを設置する。

発電規模は、約2MWを目指す。これは菊川市地区一般家庭の約600世帯分の年間消費電力に相当する。2013年3月に施設を完成する予定。