2012年イタリアGPで優勝したルイス・ハミルトン(マクラーレン)

第13戦イタリアGPは、ザウバーのセルジオ・ペレスがポールシッターのルイス・ハミルトン(マクラーレン)に対して終盤に驚異的なチャージを仕掛けたものの、一歩及ばず。フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)は10番手スタートから3位フィニッシュに持ち込み、ドライバーズタイトルのリードを広げた。

レースの大部分で、マクラーレンの1・2フィニッシュが予想された。 残り19周のパラボリカ手前でバトンは、燃料圧力と見られるトラブルのためマシンを止めた。マッサは再び2番手に上がったが、アロンソが容易にチームメートを捉えた。

終盤にはあちこちでドラマが起こる。アロンソがクルバ・グランデで芝生上に追い込まれたのは、ベッテルの過失と判定され、ドライブスルーペナルティが言い渡された。ところが、終盤5周回を残した頃、6位入賞のチャンスを残していたベッテルはチームの指示を受けてマシンを停止。オルタネータートラブルが原因と見られている。

マッサには後方からは新たな脅威が接近。素晴らしいラップを重ねたペレスはマッサとアロンソを難なくオーバーテイクし、やがてトップのハミルトンの背後を脅かし始めた。結局ペレスの追い上げは時間切れで終わったが、見事に今年3度目のポディウムをものにしている。


Rd.13 イタリアGP リザルト(暫定)

1: ハミルトン(マクラーレン) 1:19'41.221
2: ペレス(ザウバー) +4.356
3: アロンソ(フェラーリ) +20.594
4: マッサ(フェラーリ) +29.667
5: ライコネン(ロータス) +30.881
6: シューマッハ(メルセデスAMG) +31.259
7: ロズベルグ(メルセデスAMG) +33.550
8: ディレスタ(フォースインディア) +41.057
9: 小林(ザウバー) +43.898
10: セナ(ウィリアムズ) +48.144

11: マルドナド(ウィリアムズ) +48.682
12: リチャルド(トーロロッソ) +50.316
13: ダンブロジオ(ロータス) +1'15.861
14: コバライネン(ケータハム) +1lap
15: ペトロフ(ケータハム) +1lap
16: ピック(マルシャ) +1lap
17: グロック(マルシャ)+1lap
18: デラロサ(HRT) +1lap
19: カーティケヤン(HRT) +1lap
20: ウェーバー(レッドブル) +2lap
21: ヒュルケンベルク(フォースインディア) +3lap
22: ベッテル(レッドブル) +6lap
23: バトン(マクラーレン)リタイア
24: ベルニュ(トーロロッソ)リタイア

ファステストラップ:ロズベルグ 1'27.239

2012年イタリアGPで優勝したルイス・ハミルトン(マクラーレン) 2012年イタリアGPで優勝したルイス・ハミルトン(マクラーレン) 2012年イタリアGPで優勝したルイス・ハミルトン(マクラーレン) 2012年イタリアGPで優勝したルイス・ハミルトン(マクラーレン)