SUPER GT、新田守男/嵯峨宏紀組の『apr HASEPRO PRIUS GT』は、GT300クラス2位でハイブリッドマシン初の表彰台獲得

9日、富士スピードウェイで開催されたSUPER GT第6戦。GT300クラスの決勝レースは、『HANKOOK PORSCHE』影山正美/藤井誠暢組が、62周を1時間49分04秒228で走破、GT300クラス優勝を飾った。

2位はポールポジションからスタートした『apr HASEPRO PRIUS GT』新田守男/嵯峨宏紀組、3位は『MUGEN CR-Z GT』武藤英紀/中嶋大祐組と、SUPER GT初となるハイブリッドマシンによる表彰台獲得、また、両マシンにとっても初の表彰台獲得となった。

そのほか、4位『911 ENDLESS TAISAN 911』峰尾恭輔/横溝直輝組、5位『ARTA Garaiya』高木真一/松浦孝亮組、6位『SUBARU BRZ R&D SPORT』山野哲也/佐々木孝太組という結果になっている。

『MUGEN CR-Z GT』武藤英紀/中嶋大祐組も3位で、表彰台を獲得 GT300クラス優勝の『HANKOOK PORSCHE』影山正美/藤井誠暢組 GT300クラス優勝の『HANKOOK PORSCHE』影山正美/藤井誠暢組 GT300クラス優勝の『HANKOOK PORSCHE』影山正美/藤井誠暢組 【SUPER GT 第6戦】GT300はHANKOOKポルシェが制す…プリウス・CR-Zも初の表彰台 【SUPER GT 第6戦】GT300はHANKOOKポルシェが制す…プリウス・CR-Zも初の表彰台 【SUPER GT 第6戦】GT300はHANKOOKポルシェが制す…プリウス・CR-Zも初の表彰台 【SUPER GT 第6戦】GT300はHANKOOKポルシェが制す…プリウス・CR-Zも初の表彰台