SUPER GT 第6戦、優勝した松田次生/J.P・デ・オリベイラ組の『カルソニックIMPUL GT-R』

9日、富士スピードウェイ(1周4.563km×66周)で開催されたSUPER GT第6戦の決勝レースは、ポールポジションからスタートした『カルソニックIMPUL GT-R』松田次生/J.P・デ・オリベイラ組が、66周を1時間47分22秒021で走破、GT500クラスの優勝を飾った。

2位は、21秒025差で『S Road REITO MOLA GT-R』柳田真孝/ロニー・クインタレッリ組と、日産GT-Rがワンツーフィニッシュを決めた、GT-Rは今シーズン2勝目。3位は『WedsSport ADVAN SC430』荒聖治/アンドレ・クート組。

4位は『PETRONAS TOM'S SC430』中嶋一貴/ロイック・デュバル組、ホンダ勢は5位『KEIHIN HSV-010』金石年弘/塚越広大組が最高位。

【SUPER GT 第6戦】決勝…カルソニックIMPUL GT-Rがポールトゥウィン、GT-R今季2勝目 【SUPER GT 第6戦】決勝…カルソニックIMPUL GT-Rがポールトゥウィン、GT-R今季2勝目 2位は、柳田真孝/ロニー・クインタレッリ組の『S Road REITO MOLA GT-R』 3位は荒聖治/アンドレ・クート組の『WedsSport ADVAN SC430』 【SUPER GT 第6戦】決勝…カルソニックIMPUL GT-Rがポールトゥウィン、GT-R今季2勝目 【SUPER GT 第6戦】決勝…カルソニックIMPUL GT-Rがポールトゥウィン、GT-R今季2勝目 【SUPER GT 第6戦】決勝…カルソニックIMPUL GT-Rがポールトゥウィン、GT-R今季2勝目 【SUPER GT 第6戦】決勝…カルソニックIMPUL GT-Rがポールトゥウィン、GT-R今季2勝目 【SUPER GT 第6戦】決勝…カルソニックIMPUL GT-Rがポールトゥウィン、GT-R今季2勝目