横浜ゴムが発売する、独コンチネンタル社「コンチコンフォートコンタクトCC5」

横浜ゴムは、独コンチネンタル社がアジア太平洋地域向けに開発したコンパクトカー用コンフォートタイヤ「コンチコンフォートコンタクトCC5」を9月20日から発売する。

新製品は、アジア太平洋地域のコンパクトカーユーザーが求める快適な乗心地、安定感のある走り、経済性を追求して開発。静粛性や快適性を高めるため、2本のセンターリブ全体にV字型の「Vシェイプインナーリブ」を配置。数多くのブロックエッジがパターンノイズを分散・抑制し、より静かで快適な走りを実現したほか、排水性の向上にも寄与。ウェット性能も高めている。

タイヤの溝に施した「ノイズブレーカー」は、空気が溝を勢いよく抜ける時に発生する高音で耳障りなロードノイズを抑え、高速走行時にも優れた静粛性を発揮する。また、「アドバンスドシリカコンパウンド」や高い耐久性を実現する独自技術「フラットベルトコンセプト」の採用により、安定感のある走りを実現するとともに、環境性能やロングライフ性能を高めている。

発売サイズは175/70R13 82H〜215/60R16 95Vの11サイズで、価格はオープンプライス。

横浜ゴムが発売する、独コンチネンタル社「コンチコンフォートコンタクトCC5」