愛知県警は5日、クルマの窓枠に女性がしがみついていることを認識しながら発進させ、この女性を後輪でひいて負傷させたとして、愛知県岩倉市内に在住する43歳の男を殺人未遂の現行犯で逮捕した。女性は後に死亡しており、警察は殺人事件として捜査している。

愛知県警・江南署によると、逮捕された男は岩倉市大市場町付近の市道で49歳の女性と口論になり、この女性が乗用車の窓枠にしがみついていることを認識しながらもクルマを発進。転倒した女性を後輪ではねて死亡させた疑いがもたれている。

2人は以前交際していたとみられ、その際のトラブルから口論に発展したものとみられる。警察への通報は逮捕された男が自ら行っており、女性は意識不明の状態で近くの病院へ収容されたが、頭部強打などが原因で後に死亡した。

調べに対して男は「話をするのが嫌で立ち去ろうと思った」、「こんなことになるとは重わなかった」などと供述しているようだ。警察では事件が発生した経緯について、詳しく調べる方針だ。