ホンダ・コンセプトS《提供 ホンダ》

ホンダは、2012年北京モーターショーで発表した東風ホンダの『コンセプトS』の映像が、ドイツデザイン評議会主催の「オートモーティブ ブランド コンテスト 2012」のコンセプトカー部門で入賞したことを発表した。

同コンテストは、国際的な自動車のブランドデザインを評価するもので、自動車メーカーや関連サプライヤーが参加。今年は350余りの作品の中から、東風ホンダのコンセプトSの映像がファッショナブルで都会的なクルマの魅力を存分にアピールしたとして、高い評価を得た。

映像では、車体上部のゆるやかな流線型のデザインや細いピラー、大きなフロントガラスによって広い視野や透明感を感じさせる一方、車体下部のがっちりとしたデザインも表現。また、フロントグリルのデザインと切れ長なスタイルのヘッドライト、斬新でユニークなひし形のフォグライトなどが先進技術を強く表現している。

コンセプトSは、中国の顧客ニーズをもとに開発したグローバルコンセプトカー。企画の初期段階から、中国のスタッフが日本の開発メンバーと一緒に中国の若い世代のライフスタイルを研究してきた。2012年の北京モーターショーに展示し、来年より東風ホンダから販売する予定。

ホンダ・コンセプトS《提供 ホンダ》 ホンダ・コンセプトS《提供 ホンダ》