4日午後0時40分ごろ、東京都葛飾区内の区道を走行していた軽乗用車が路外に逸脱。道路に隣接する保育園の敷地内に突っ込む事故が起きた。クルマは建物に衝突して停止したが、園児や職員は建物内にいたため、人的な被害は無かった。

警視庁・亀有署によると、現場は葛飾区新宿2丁目付近で片側1車線の急なカーブ。クルマは右カーブを曲がりきれず、金属製のフェンスをなぎ倒し、そのまま保育園の敷地内に進入。建物の外壁に衝突して停止した。

クルマは中破したが、運転していた80歳代の男性にケガはなく、当時は昼休みということもあって園児や職員も建物内にいたため、人的な被害は一切発生しなかった。

警察ではクルマを運転していた男性から事情を聞いているが、調べに対しては「ブレーキだと思って踏んだのがアクセルだった」などと供述しているようだ。