燃料サーチャージの導入に向けて

全日本トラック協会と国土交通省は、トラック運送業における燃料サーチャージ制の導入を促進する ためのパンフレット「燃料サーチャージの導入に向けて」を発刊した。

燃料サーチャージは、燃料価格の急激な変動に対応するための、運賃とは別建てで徴収する料金のこと。日本では、海運業界が1975年から導入、2001年からは航空貨物、2005年からは航空旅客にも導入された。

トラック運送業界でも、日本通運など大手物流会社が燃料サーチャージを導入しているが、トラック運送の9割以上を占める中小・零細企業では交渉力が弱いため、導入できず、経営を圧迫。労働環境の悪化にもつながっている。

全日本トラック協会では、燃料サーチャージの算出方法、導入成功のポイント、導入の進め方などをまとめたパンフレットを制作。トラック業界における燃料サーチャージの導入を推進していく。

2012年5月1日付日本経済新聞朝刊全国版に掲載された全日本トラック協会による全面意見広告