スズキ・鈴木修会長兼社長≪撮影 小松哲也≫

スズキの鈴木修会長兼社長は9月6日都内で開いた新型『ワゴンR』発表会で、「私も軽をずっとやってきたが、やはり1番というのが無くなるのはさみしい」と述べ、2006年度以降、軽市場トップの座を奪われている現状を嘆いた。

鈴木会長は、ダイハツ工業との軽トップ争いが激化してきた2000年代後半、「お行儀の悪い売り方はしない」と宣言。無理して台数を追うのではなく、販売店の収益を重視する路線に舵を切った。この結果、2006年度に軽2位に転落。2011年度の車名販売ではワゴンRが首位をキープしたものの、足元の月間販売ではダイハツ『ミラ』やホンダ『N BOX』の後塵を拝する状況が続いている。

鈴木会長は「他社さんみていると、量を売ったから赤字になったという会社があるわけじゃない。やはり量を売らないと利益がついてこない。1位のメーカーが赤字で量が多いということは絶対ありえないので、やはり経営というのは量と質を追う」と、台数も重視していく考えを示した。

さらに「何でもいいから1番というのが何かあると良いということも事実。あれも5番、あれも4番、あれも2番というんじゃ、いかんということですから、せめてこれだけは1番ですよというのを獲らなくちゃいかんと、それは死守したいと私は思ってます」と強調した。

スズキ 新型「ワゴンR」発表会≪撮影 小松哲也≫ スズキ 新型「ワゴンR」発表会≪撮影 小松哲也≫ スズキ 新型「ワゴンR」発表会≪撮影 小松哲也≫ スズキ 新型「ワゴンR」発表会≪撮影 小松哲也≫ スズキ 新型「ワゴンR」発表会≪撮影 小松哲也≫