新触媒

ホンダは、触媒に使用する貴金属の一つであるロジウムの使用量を50%低減した新触媒を開発したと発表した。新触媒は米国で9月19日に発売する北米仕様の新型『アコード』から採用し、順次拡大を目指す。

触媒に使用するプラチナ、ロジウム、パラジウムなどの貴金属は、世界の自動車生産台数の増加と世界的な排出ガス規制の強化を背景に、今後も需要の高まりが予想されている。ホンダは、これまでも触媒に使用される貴金属の低減に取り組んでおり、すでにプラチナを全く使用しない触媒を実用化し、北米仕様の現行アコードより採用している。

今回開発した新触媒では、排出ガスの還元浄化性能に優れるロジウムの一部を、酸素の吸放出速度を高めたパラジウムに代替することで、現行アコードに対してロジウムの使用量を50%低減、貴金属の総使用量としても22%低減した。これにより世界有数の厳しい排出ガス規制である米国カリフォルニア州の低公害車基準LEVII法規のSULEVカテゴリーに適合させながら、新触媒のコストも37%の削減を実現した。

現行触媒 新型ホンダ アコード(日本名:インスパイア)