VW・ポロ TSIコンフォートライン・ブルーモーションテクノロジー(参考画像)

“BLUEMOTION TECHNOLOGY”のバッジがつく最新『ポロTSIコンフォートライン』。

ダウンサイジングの1.2リッターTSIエンジンと7速DSGトランスミッションに加え、回生ブレーキとStart/Stop(アイドリングストップ)システムも新搭載。エコカーとしての説得力をさらに高めている。

その最新ポロを走らせてみると、まさに、エココンパクトな実用車の王道を行く出来栄えを実感することになる。

信号待ち等で実行されるアイドリングストップは、小排気量エンジン車では、実行中の静けさ(と当然ながら振動のなさ)が新鮮。ステアリングを“振って”も再始動しないのはVW流。エンジンルームが室内に近いから、再始動時の音はクッキリと耳に届くも、走り出せば、上級のゴルフに迫るなめらかな乗り味、走りっぷりが味わえる。

電動パワステは僅かに軽めながらフィールは終始しっとりしたもの。最小回転半径の小ささも扱いやすく助かる。室内は豪華ではないがスッキリと品質感が伝わる仕上がり。最新型の余分に飾り立てないプレーンでスタイリッシュな外観デザインが醸し出す、コンパクトでも安心感のある空気感もいい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

VW・ポロ《撮影者 松下宏》 VW・ポロ《撮影者 松下宏》 VW・ポロ《撮影者 松下宏》