ダイハツ久留米工場

ダイハツ工業は、子会社のダイハツ九州・エンジン工場である久留米工場の生産能力を2013年5月に増強すると発表した。

久留米工場は、2008年8月操業開始以来、大分(中津)工場に軽自動車用エンジンを供給しているが、大分工場の車両生産拡大に伴い、エンジン生産能力が不足。高負荷操業が続き、供給不足分のエンジンは、ダイハツ工業滋賀工場から供給を受けている。

今回、構成ラインを1ライン増やし、2ラインとすることで、年間エンジン生産能力を現行の21万6000基から32万4000基へ増強。操業の適正化とエンジン供給の効率化を図る。

設備投資額は約70億円。

ダイハツ久留米工場