マルチ・スズキのマネサール工場(参考画像)

スズキの鈴木修会長兼社長は9月6日の記者会見で、7月に発生したインド子会社マルチスズキのマネサール工場での暴動の原因について、政府や警察関係者らと会見したものの「いまだに原因はつかめていない」と述べた。

鈴木会長は8月下旬に現地を訪問、工場は同月21日から一部操業を再開しているが「入口には警官が並んでおり、異常な状況だった」という。鈴木会長は、これまで報道された賃金の問題が原因との見方については、「絶対にない」との見解を示した。

また、こうした事件が発生したことについては「(進出している)日本の企業にもご迷惑をおかけすることになり、非常に申し訳ない」と陳謝した。鈴木会長によると、日産200台で再開したマネサール工場は9月4日から650台に生産量を上げており、「間もなく800台から850台になる。9月上旬はそのレベルを計画している」と語った。

同工場は事件発生前には『スイフト』などを日産1700台生産しており、当面は半分程度での生産となる。

スズキ 鈴木修会長兼社長 マルチ・スズキのマネサール工場(参考画像)