スズキ・ワゴンR 助手席シート下のリチウムイオン電池

スズキの開発部門を統括する本田治副社長は発表会見で、新型車に採用したエネルギー回生技術など一連の省燃費技術を総称して「スズキグリーンテクノロジー」とし、同社技術のイメージアップにもつなげる方針を表明した。

新型ワゴンRでは、リチウムイオン電池の採用で拡充した回生技術や、蓄冷材搭載のエアコンなど、新開発の省燃費技術が採用されている。一方でエンジンなどパワートレインの改良や車両全体の軽量化といった、従来手法による省燃費技術も強化し、軽ワゴン車ではトップの燃費とした。

本田副社長はこうした従来手法や、これから新開発する技術も含んで「グリーンテクノロジー」と総称すると、説明した。今後の展開については、「現行車を大きく見直さなければならないテクノロジーも入っているので、ほかのモデルに直ちに採用とはいなかい」と見ているものの、「積極的に、なるべく早いタイミングで順次広げたい」と、意欲を示した。

スズキ・ワゴンR FXリミテッド スズキ・ワゴンR FX スズキ・ワゴンR FX スズキ・ワゴンR FXリミテッド スズキ 鈴木修会長兼社長