9月3日午後9時30分ごろ、兵庫県明石市内にある山陽電鉄線の踏切で、警報機や遮断機が作動した後に2人乗りバイクがスリップしながら踏切内へ進入。通過中の特急列車と衝突する事故が起きた。この事故でバイクの同乗者が死亡。運転者が軽傷を負っている。

兵庫県警・明石署によると、現場は明石市大久保町江井島付近にある踏切。2人乗りバイクは踏切手前でスリップ。そのまま警報機や遮断機が作動した踏切内へ進入し、通過中の下り特急列車(阪神梅田発/山陽姫路行き、6両編成)と衝突した。

この事故で後部に同乗していた22歳の男性が全身を強打して即死。運転していた同市内に在住する22歳の男は踏切手前でバイクから振り落とされ、足などを打撲する軽傷を負った。警察はこの男を自動車運転過失致死の現行犯で逮捕したが、治療を目的として直後に釈放している。列車の乗客乗員約300人にケガはなかった。

調べに対し、列車の運転士は「バイクが滑り込むようにして踏切内へ入ってきた」と証言しており、警察ではバイクを運転していた男の回復を待って詳しい事情を聞く方針だ。