トヨタ紡織製が手がけるシート製品(参考画像)

トヨタ紡織は、タイの生産会社「TOYOTA BOSHOKU Gateway(TBGT)」が、日本能率協会主催の2012年度GOOD FACTORY賞を受賞したと発表した。

同賞は、日本国内だけでなく、中国、アジア地域の日系企業を対象に、「ものづくりプロセス革新」「ものづくり人材育成貢献」「ものづくりCSR貢献」「ファクトリーマネジメント」の4部門で、生産性向上や品質向上など体質革新活動に成果をあげている優良工場を顕彰し、日本の製造業の体質強化を図ることを目的としている。

TBGTは、品質やモノづくりにおけるプロセスを総合的に強化、改善していることが評価され、「ものづくりプロセス革新賞」を受賞した。

TBGTは、年度ごとに目標を持って生産工程の集約や汎用化を進め、年間25万台から40万台への増産計画にも工場を拡張せずに対応できるよう、生産プロセス革新を推進。トップを含めた社員全員が改革の柱として「自主研活動」に参画し、TPS(トヨタ生産方式)の基礎実践教育を通して現地リーダーを育成するとともに現地メンバーの改善能力向上を図っている。

トヨタ紡織 TBスポーツシート