トヨタ紡織の新物流センター

トヨタ紡織は、愛知県内における自動車部品の物流体制の強化を目的に、愛知県豊田市に物流センターの新設を決定し、建設に着手した。

新物流センターを建設するのは、トヨタ紡織の子会社で輸送事業を行うTB物流サービス。同社は、現在愛知県内に国内外のトヨタ紡織グループ生産拠点を中継する4つの物流拠点を持っている。今回新設する物流センターにこの4拠点を集約することで、効率的な輸送網を構築するとともに、貨物の開梱から部品の最終加工、梱包までの作業の一元化を図る。さらに倉庫スペースも、従来の1.5倍に拡大し、将来の事業拡大に伴う輸出入貨物の増加にも対応していく。

また新物流センターは、輸送距離短縮によるCO2排出量の抑制に寄与するとともに、地域社会と調和した事業運営を図るため、騒音対策を目的とした出荷ヤードのトンネル化や壁面緑化、太陽光発電パネルによる自然エネルギーの活用など、地域や自然環境に配慮した設備を積極的に導入する。

新物流センターの投資総額は16億円。営業開始は2013年4月の予定。

トヨタ紡織製が手がけるシート製品(参考画像)