場内観戦エリアでワンセグ放送によりレース情報が配信される

9月8日、9日の2日間、富士スピードウェイで開催されるSUPER GT 第6戦「富士GT300kmレース」、場内観戦エリアではワンセグ放送によりレース情報が配信される。

同会場にワンセグチューナー付きの携帯端末を持参すれば、予選・決勝のライブ映像のほか、ラップタイムや順位を表示するタイミングモニター映像を受信することができる。

また、会場で実施されるイベントの詳細も決定した。星野一義監督、関谷正徳監督、高橋国光監督の運転による燃料電池車同乗試乗会やサーキットサファリ、子供向けのギッズカートやトランスフォーマー×キッズウォークなど家族で楽しめるイベントが用意されている。

なお、決勝レースのスタート前にはタレントの南明奈さんが登場、グリーンフラッグを振りスタートの合図を送る。

同レースの観戦チケットは、前売り大人5500円、大人ペア券1万円、中学生以下は保護者同伴で無料。

場内観戦エリアでワンセグ放送によりレース情報が配信される 場内観戦エリアでワンセグ放送によりレース情報が配信される 場内観戦エリアでワンセグ放送によりレース情報が配信される 場内観戦エリアでワンセグ放送によりレース情報が配信される 土曜の夜には映画の鑑賞会も実施 決勝レースのスタート前にはタレントの南明奈さんが登場、グリーンフラッグを振りスタートの合図を送る