世界の天然ガス自動車普及状況(2012年3月末)

早稲田大学マーケティング・コミュニケーション研究所は、東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、西部ガスなど、ガス事業者5社とともに、「天然ガス自動車の普及戦略研究会」を発足すると発表した。

日本では、環境にやさしい自動車として、ハイブリッド自動車や電気自動車が注目を集めているが、世界的な潮流をみると、天然ガス自動車の普及が急速に進んでいる。同研究会では、日本における天然ガス自動車の認知度向上と普及拡大を目指し、天然ガス自動車の訴求方法について、マーケティングの視点から産学連携で検討を行っていく。

また普及が急速に進む諸国の事例を調査・分析することで、天然ガス自動車の持つ可能性や、国内での普及に向けた方策などを明らかにし、国や行政等への政策提案につなげることを目指していく。

なお、第1回の研究会は9月5日に開催、第2回以降の研究会も継続的に開催していく予定。

非在来型・在来型天然ガスと石油との可採年数・地域別埋蔵量比較