三菱自動車が開発した予防安全技術「e-アシスト」

三菱自動車は、電波レーダーやカメラによって、安全かつ快適なドライブをサポートする予防安全技術「e-アシスト」を新たに開発。国内では、10月にフルモデルチェンジを予定しているSUV『アウトランダー』に初採用する。

e-アシストは、フロントグリルの内側に装着した電波レーダーとフロントウインドシールド上部に装着したカメラユニットにより、「レーダークルーズコントロールシステム(ACC)」「衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)」「車線逸脱警報システム(LDW)」の3つの機能を提供。長距離運転や夜間・悪天候で視界の良くない場合など、比較的事故の起こりやすい状況において、ドライバーの安全な走りをアシストする。

ACCは、先行車との距離や相対速度を監視し、ドライバーが設定した車間を保って、先行車の停止状態まで追従走行。渋滞時、頻繁にアクセルやブレーキを操作するわずらわしさを解消する。

FCMは、ACCと同様、先行車との距離や相対速度を監視し、先行車の減速・停止等による車間距離の減少をいち早く検知。警報や自動ブレーキで、先行車との衝突回避や衝突被害軽減に寄与する。

LDWは、高速走行時(約65km/h以上)、前方の車線を監視し、車線を逸脱しそうになると表示や警報で注意を促す。

三菱・新型アウトランダー 三菱自動車が開発した予防安全技術「e-アシスト」 三菱自動車が開発した予防安全技術「e-アシスト」 三菱自動車が開発した予防安全技術「e-アシスト」