ピーチ・アビエーション

ピーチ・アビエーションは、3月1日の就航から半年間の利用実績を発表。搭乗者数は60万4103人、搭乗率は79%。定時運航率は89%、就航率は99%だった。

ピーチは、3月1日に大阪(関西)-札幌(新千歳)、大阪(関西)-福岡の2路線で運航を開始。現在では、2都市のほか、長崎、鹿児島、ソウル(仁川)、香港を結ぶ各路線に就航し、1日30便を運航している。

同社の井上慎一代表取締役CEOは「ピーチの就航から半年。高い搭乗率と、安定したオペレーションで迎えられたことを大変喜ばしく思う。特に、お盆期間には94%という高い搭乗率を記録しており、利用客には心から感謝したい。また、就航率も99%と、既存航空会社と同等レベルの数値を達成。これからも安全を最優先として、安定した運航を維持し、さらなる運航品質の向上に取り組んでいく」と述べた。

ピーチでは、今後、10月16日に大阪(関西)-台北(桃園)線、10月18日に大阪(関西)-沖縄(那覇)線をそれぞれ開設する予定。

ピーチ Aviation 初号機