車載蓄電池のマンション活用イメージ

三井不動産レジデンシャルは9月4日、日産自動車の電気自動車『リーフ』で使われるリチウムイオン電池を分譲マンションとして初めて定置用蓄電池として活用すると発表した。

リーフの車載蓄電池は三井不動産レジデンシャルが今年10月下旬から販売を開始する「パークタワー東雲」(東京都江戸川区)で利用する。マンションの新築当初はリーフ用の新品の車載用電池(4台分、定格容量約96kWh)を使用するが、同電池の更新時には日産と住友商事の合弁会社で車載用リチウムイオン電池の再利用事業を手がけるフォーアールエナジーが、リーフで使用された蓄電池をリユース品として供給する。

マンション用の蓄電池は一定期間で更新する必要があるが、電気自動車用として使用後も高い残存容量がある車載蓄電池を再利用することで、更新コストを削減するとともに資源の有効活用にもつながるとしている。

フォーアールエナジーは太陽光発電とリーフ用リチウムイオン電池を組み合わせた蓄電池システムを開発し、2011年7月から日産本社で実証実験を行っている。今回のマンション向け定置用蓄電池は、「昨年から行っている実証実験の発展形としてマンションの共用部で使われるものとして納入する」と同社では説明している。

EV×マンションのモビリティデザイン