アウディRS5クーペ(参考画像)

ドイツの高級車メーカー、アウディは9月3日、『RS5カブリオレ』を9月6日にワールドプレミアすると発表した。

RS5カブリオレは、アウディ『A5カブリオレ』をベースに、アウディの子会社、クワトロGmbHが開発した高性能モデル。すでに、クーペボディの『RS5』は発表されているため、そのオープンバージョンとなる。

アウディは現時点で、写真を含めてRS5カブリオレに関する情報を開示していない。しかし、パワートレーンはクーペのRS5と共通と推測される。

クーペのRS5の場合、自然吸気の直噴4.2リットルV型8気筒ガソリン「FSI」エンジンを搭載。『R8』譲りのこのユニットは、最大出力450ps/8250rpm、最大トルク43.8kgm/4000 - 6000rpmを引き出す。

トランスミッションは、7速「Sトロニック」。アウディ独自のフルタイム4WD、「クワトロ」と組み合わせられ、0 - 100km/h加速は4.6秒、最高速は250km/h(リミッター作動)。オプションでリミッターの解除が可能で、この時の最高速は280km/hに到達する。

アウディはRS5カブリオレについて、「パワーとエレガンスの完璧なコンビネーション」と説明している。

アウディRS5クーペ(参考画像) アウディRS5クーペ(参考画像)