EVサービスステーションネットワーク

出光興産、コスモ石油、JX日鉱日石エネルギー、昭和シェル石油は、4社が共同展開する電気自動車(EV)向け充電サービス「EVサービスステーションネットワーク(EVSSネットワーク)」において、10月よりジャパンチャージネットワークとEV充電会員の相互乗り入れを開始すると発表した。

2012年1月にEV充電会員の相互乗り入れサービスを開始したEVSSネットワークは、首都圏を中心とした28か所のSSで共通のロゴマークを掲示し、会員制(有償)の急速充電を含むEV向けサービス事業を行っている。

今回のジャパンチャージネットワーク社との相互乗り入れにより、各社の会員には、SSだけではなく、カーディーラー、高速道路、空港、コンビニエンスストア、ファミリーレストランなどでの急速充電が可能となり、充電ネットワークは2013年3月末までに国内最大規模となる50か所(EVSSネットワーク28か所、ジャパンチャージネットワーク22か所)へ順次拡大していく。また、共通ウェブサイト(http://www.evssnet.com)による充電器の位置・満空情報の提供、メールによる充電完了通知などのサービスを利用することもできる。

ジャパンチャージネットワーク