テュフ ラインランド ジャパンは、大阪に新設した関西テクノロジーセンターおよび横浜の太陽光発電評価センターにおいて、新たに太陽電池モジュールの「機械的偏荷重試験サービス」および「塩水噴霧試験サービス」を開始した。

「機械的変化荷重試験サービス」は、主に積雪による負荷をシミュレーションするもので、積雪があった場合の太陽電池モジュールの安全性、耐久性への影響を検証する。

「塩水噴霧試験サービス」では、沿岸部などで特に起こりうる塩害腐食について、安全面のみならず、導体腐食を原因とする電力損失についても考慮し、検証する。