2011年11月、ロシアのサンクトペテルブルク工場でラインオフした新型トヨタ・カムリ

トヨタ自動車のロシア生産子会社、トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ロシア(TMMR)は9月3日、サンクトペテルブルク工場に追加シフト(2直化)を導入し、増産体制に入った。

今回の増産は、新型『カムリ』の受注が好調なことを受けたもの。新型カムリの2012年1‐7月ロシア新車販売は、1万9950台。前年同期比は54%の大幅増を記録している。

サンクトペテルブルク工場では現在、約1750名を雇用。このうち、追加シフトの導入が、600名の追加雇用を生み出した。

2直化を果たした初日の9月3日、TMMRの松永良典社長は、「今日はトヨタにとって非常に重要な1日。2直化はサンクトペテルブルク工場の稼働以来、最も意義のある増産だ」と語っている。

また2012年2月、TMMRは2014年内をメドに、サンクトペテルブルク工場に車体プレスと樹脂成形の工程を追加すると発表している。

カムリが出展されたモスクワモーターショー12のトヨタブース(参考画像)《撮影 三浦和也》 カムリが出展されたモスクワモーターショー12のトヨタブース(参考画像)《撮影 三浦和也》